INTERVIEW先輩インタビュー

K.N

2016年入社

板金や塗装、組み立ての
協力会社を選定し、手配を行います。

パネル・盤事業部では、制御盤・分電盤の筐体となるケースを板金会社に作ってもらうことが多く、どの板金会社に依頼するかを考えて、手配することが生産管理の仕事になります。同様に、塗装する色に合わせて塗装会社を選んだり、組み立て先を決めたりもします。協力会社は10社ほど。それぞれの得意なことと、仕事の混み具合を見ながら、手配先を決めていきます。依頼する時には、求めるスペックや品質、納期をしっかり打ち合わせをしますが、仕事が集中している時には納期に間に合わないようなケースも出てきます。そんな時には、状況を見ながら材料を届けたり、組み上がったケースを引き取りに行ったりすることもあります。仕事なので厳しいこともお願いしますが、助け合えることは助け合って、納期に間に合うようにしたいというのが、私のスタンスです。

文系出身でもモノづくりに関われるのは
周りに何でも教えていただけたから。

仕事をしていて感じる当社の良さは、風通しがいいこと。同じ部署の管理課の人はもちろん、他の部署の人とも気軽に話ができます。手配先の協力会社の人たちも、私から見ると年上の方が多いですが、優しい人や楽しい人が多く、毎回冗談を言い合って盛り上がっています。
私は文系出身なので、当社に入社するまでモノづくりに関する知識はほとんど有りませんでした。仕事で話をする方々は、私が知っていて当然と思って「そんなことも知らないの?」と言われたこともあります。でも、「教えてください」と言えば、優しく教えてくれる人ばかりです。製造業で一人前の仕事ができるようになったのも、職場の上司や先輩、そして協力会社の人たちに仕事に様々なことを教えてもらったからなので、とても感謝しています。

pagetop