社長挨拶
 
  アスカ株式会社のホームページを訪れてくださり、ありがとうございます。

 当社は、昭和28年に設立以来、薄板鋼板のプレス・溶接加工品を中心に自動車部品などを生産してまいりました。また、昭和42年から制御盤・配電盤を、そして昭和57年から産業用ロボットを開発し、自動化の事業を柱として加えてまいりました。  現在では、自動車部品事業、配電盤事業、 ロボットシステム事業と異なった3つの事業をいずれも 「技術力」を売りものにして発展させてまいりました。

 人材育成こそ経営そのものだと思っておりますので、「人と技術に優れた会社」、 「アスカに入社してよかった、アスカと関係してよかったと思ってもらえる会社」 を目指して経営してまいります。今後も、オリジナル製品や新技術の開発、経営の高効率化、快適な職場環境づくりに力を注いでいく所存でございます。
     
  取締役会長
片山 敬勝
取締役社長
杉本 篤哉
   

会社概要
 
名称 アスカ株式会社
所在地 本社・本社工場/Head Office・Head Plant
郵便番号 448-0002
愛知県刈谷市一里山町東吹戸11番地
TEL (0566)36-7771
FAX (0566)36-8090
地図
幸田工場/Kota Plant
郵便番号 444-0122
愛知県額田郡幸田町大字六栗字平松14番地7
TEL (0564)62-6511
FAX (0564)62-6542
地図
高浜工場/Takahama Plant
郵便番号 444-1301
愛知県高浜市新田町三丁目1番地3
TEL (0566)54-5274
FAX (0566)54-5275
地図
豊田工場/Toyota Plant
郵便番号 473-0923
愛知県豊田市中根町大切50番地1
TEL (0565)51-2755
FAX (0565)52-1245
地図
事業内容 ・自動車部品事業
 ボデー部品
(フロア、ピラー、フード)
 シャシー部品
(センタメンバ、サスペンションアーム)
 エンジン装備部品
(エキゾーストパイプ、マフラー)
・配電盤事業
 分電盤、制御盤、FAボックス、盤用キャビネット
・ロボットシステム事業
 産業用ロボット、自動化システム、制御装置、情報通信機器
創立 昭和28年12月25日
資本金 903,842,275円
従業員 約500名
関係会社 アームス株式会社(愛知県刈谷市 人材教育及び研修事業)
株式会社岡山国際サーキット(岡山県美作市 サーキット場経営)
AMI株式会社(愛知県小牧市 金型及び治工具の設計、製作、販売)
アスカ有限会社(愛知県刈谷市 損害保険代理業)
ASKA USA CORPORATION(米国 ロボットシステム)
阿司科機電(上海)有限公司(中国 ロボットシステム)
PT. AUTO ASKA INDONESIA(インドネシア 自動車部品)
取引銀行

三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、商工組合中央金庫、愛知銀行、 三重銀行、岡崎信用金庫、百十四銀行、三菱UFJ信託銀行、大垣共立銀行、信金中央金庫、百五銀行、十六銀行

主要取引先 三菱自動車工業(株)、豊田鉄工(株)、パナソニックエコソリューションズ電路(株)、ニチアス(株)、ソニーイーエムシーエス(株)、日本ガイシ(株)、トヨタ紡織(株)、トヨタ車体(株)
会社沿革
 
1953年 12月 一般金属製品及び自動車用板金部品の製造販売を目的として、名古屋市中区伊勢山に片山工業(株)を設立する。
1954年 2月 新三菱重工(株)(現、三菱重工業(株)、三菱自動車工業(株))との取引を開始する。
  3月 愛知機械工業(株)との取引を開始する。
  8月 東洋レーヨン(株)(現、東レ(株))との取引を開始する。
1959年 7月 南浜工場を板金部品の生産を目的として設置する。
1963年 5月 松下電工(株)(現、パナソニック(株))との取引を開始する。
1964年 9月 富士松工場を中型板金部品の生産を目的として設置する。
1967年 6月 配電盤・制御盤の完成品生産を開始する。
1969年 3月 組織統合を目的として南浜工場を閉鎖し、富士松工場を本社工場とする。
1982年 3月 自社製溶接ロボット1号機を社内に設置する。
1985年 11月 幸田工場を自動車大型部品の生産を目的として設置する。
1986年 4月 システム機器部を設置し、ロボットシステム事業に本格的に参入する。
1988年 11月 本社工場内に塗装工場を新設し、配電盤の一貫生産体制を開始する。
1992年 3月 商号をアスカ(株)に変更する。
1992年 4月 子会社「アスカ(有)」を設立する。
  11月 本社工場隣接地に配送センターを設置する。
1994年 9月 自動車マフラーの生産を開始する。
1996年 9月 TPM優秀賞第1類を受賞する。
  10月 幸田工場内に溶接工場・事務所棟を増設する。
1997年 7月 名古屋証券取引所市場第二部に上場する。
1998年 9月 本社工場隣接地にロボット工場を設置する。
2000年 3月 本社を愛知県刈谷市に移転する。
2001年 6月 自動車部品事業部がISO9002の認証を取得する。(2000年版更新済)
  8月 子会社「(株)フェアフィールド東海(現アームス(株))」を設立する。
2002年 5月 標準パネル事業部(現パネル・盤事業部)がISO9002の認証を取得する。
8月 本社工場、幸田工場がISO14001の認証を取得する。(2004年版更新済)
2004年 1月 米国に子会社「AEC(現ASKA USA CORPORATION)」を設立する。
2005年 2月 本社工場内にプレス工場を増設する。
2007年 8月 高浜工場を設置する。
2008年 2月 「愛知ブランド企業」の認定を受ける。
4月 豊田工場を設置する。
2009年 5月 豊田工場がISO14001:2004の認証を取得する。
2011年 5月 中国に子会社「阿司科機電(上海)有限公司」を設立する。
2012年 3月 「(株)岡山国際サーキット」の全株式を取得し子会社化する。
2012年 7月 インドネシアに子会社「PT. AUTO ASKA INDONESIA」を設立する。
2012年 8月 子会社「AMI(株)」を設立する。
その他
「ISO 14001:2004」取得

「愛知ブランド企業」認定

中国に子会社「阿司科機電(上海)有限公司」を設立